人気ブログランキング | 話題のタグを見る

聖戦萬里、戦時中の湯呑。

時代的には統制陶器の頃。
色味はお上品ながら戦車と軍刀という危なっかしいエンボス。
先の戦争も、当時は聖戦であったのであります。
今のこのウィルスと戦うという大義名分のへんてこな世の中(私見です)も
一般的な人から見ると聖戦であります。
未来の人はどう思うでしょうか。

戦時中湯呑
中に正宗の文字があるので出征前にお酒を呑んだものでしょうか?
職業軍人だったの方のお宅にはこんな感じの意匠のコップなどが結構残されています。
聖戦萬里、戦時中の湯呑。_c0405112_18540577.jpg
小さな頃から利用していた駅の近くに大久保駐屯地があり
入り口の警備は厳重で、自分の全く知らない世界であり
中に入っていく人が子ども心に何となく羨ましく思ったこともありました。
20年位前に、何かで知った自衛隊のお祭り(?)のようなものがあり
誰でも入れて、並ぶと戦車に乗れるということを聞いてわくわくで行ってきました。
知らない子どもたちに混じって私も並び、2回も乗せてもらいました。
一番驚いたのは大砲を(空砲というのか?)を撃ったときです。
撃った瞬間、周りの空気がぎゅっと寄って、時間がわずかに止まったような感じになるんです。
で、どどーんっとなる時に、大砲が後ろにのけぞる(?)感じになるんです。
あれは貴重な経験でした。
また戦車乗りたいな~。
そこらの子どもより一番興奮していたと思います。


旧ブログの商品も在庫がありましたらお受けできます。
https://newkanon.exblog.jp/


インスタ

facebook


ご覧いただけると幸いです。
お問合わせ・HPはこちら

あんてぃーくかのん。HP

by antiquekanon | 2021-06-20 19:10 | **仕入れ商品 | Comments(0)
<< 九谷焼の盃。書けます? 新入荷、染付の面取り。 >>