人気ブログランキング | 話題のタグを見る

好きな器で食べましょう。と、山の災害に思うこと。

身体維持には食べなくてはいけません。
パックのままで腹に入ればなんでも一緒ってのも気持ちはわかるけれども
できれば人生も後半に入った身としては「ちゃんとしてる」感じで食べたい。
なのでお気に入りの器とか、テンションを上げてくれる器、時代を経て味わいのある器
などなどで食べていただきたい。
そしてこれからも私の器探しは終わりませぬのじゃ。
好きな器で食べましょう。と、山の災害に思うこと。_c0405112_15241057.jpg
最近あまりテレビを見ないようにしていたら
大雨で土石流が発生して大変なことになってて。
救出されますように祈ってやみません。
地形的にはそもそもちょっと難しそうな土地に見受けられますし
皆さん大雨には気をつけられたり絶対していたと思うんです。
でも、山って正直麓に住んでたらどんな状況かっては把握しにくいと思うんです。
田舎に住んで気づいたことなんですけど
今のこの時期は一番雑草とか木々がボーーーーッと伸びまくる時期で
下からでは山のどの辺がどうなってて危険とかわからないと思います。
山は緑の塊に見えるけれど、木の種類や地形で全然違います。
冬は広葉樹は幹だけになってて、杉だけが黒青い。そして雑草は枯れている。
できれば普段から山の確認をするには冬が一番良いと個人的に思っています。
昔からの森は一番強いです。そして次は杉林がマシです。
後継者が売ってしまって、ある日突然ずるむけになった山は恐ろしいほど弱いです。
これで大雨降ったらどないするねん!っと見ていますが
季節が過ぎると雑草が生い茂って森みたいに見えます。
すると大丈夫な山に見えるんです。
結構ずるいことに伐採は道路から見えるところは一番最後に切ってるように見受けられます。
なんかえらい車やら入っていくな~何してんのかな~というのがしばらく続くと
ある日突然手前も伐採され始めて「おいおいおいおいおい!なんやねんこれ!」となってることが多いです。



旧ブログの商品も在庫がありましたらお受けできます。
https://newkanon.exblog.jp/


インスタ

facebook


ご覧いただけると幸いです。
お問合わせ・HPはこちら

あんてぃーくかのん。HP

# by antiquekanon | 2021-07-05 15:42 | **うつわのまわり | Comments(0)

九谷焼の盃。書けます?

戦前の九谷焼とかって
結構1つのお宅から同じのがドバっと出たりするんですけども
「なーんや、盃かいなっ」と言う勿れ。
粒々一個一個をてんてんてんてん、てんてんてんてん描き込んで
文字とか全部ほっそい筆でさらさらさら~っと描いてあるんです。
書けます?これ。
いつも感動します。
明治位の作家さんのものなんかは超絶技巧ってほんまやな、な描きこみですけど
数もんの作り手さんも素晴らしいです。
物じゃなくて値段しか見ていない日本人も増えてきてかなり侘しいですけど
そこ、そこをわかって欲しいな~と思う今日この頃です。
スーパー行くと、特価ってデカデカ赤字で書いてる商品の棚だけごっそりなかったりして
それって普段も安いものだから1個あたりは20円しか変わらなくて
他の特価ってデカデカ書いてないほうがいつも結構お高いのに100円近く下がってるよ
なんてことも多いわけです。
まー、言っても仕方ないか。
ってことで、青粒&描きこみの細かい盃あります。
九谷焼の盃。書けます?_c0405112_18035826.jpg


旧ブログの商品も在庫がありましたらお受けできます。
https://newkanon.exblog.jp/


インスタ

facebook


ご覧いただけると幸いです。
お問合わせ・HPはこちら

あんてぃーくかのん。HP


# by antiquekanon | 2021-06-28 18:04 | **やきもの | Comments(0)

聖戦萬里、戦時中の湯呑。

時代的には統制陶器の頃。
色味はお上品ながら戦車と軍刀という危なっかしいエンボス。
先の戦争も、当時は聖戦であったのであります。
今のこのウィルスと戦うという大義名分のへんてこな世の中(私見です)も
一般的な人から見ると聖戦であります。
未来の人はどう思うでしょうか。

戦時中湯呑
中に正宗の文字があるので出征前にお酒を呑んだものでしょうか?
職業軍人だったの方のお宅にはこんな感じの意匠のコップなどが結構残されています。
聖戦萬里、戦時中の湯呑。_c0405112_18540577.jpg
小さな頃から利用していた駅の近くに大久保駐屯地があり
入り口の警備は厳重で、自分の全く知らない世界であり
中に入っていく人が子ども心に何となく羨ましく思ったこともありました。
20年位前に、何かで知った自衛隊のお祭り(?)のようなものがあり
誰でも入れて、並ぶと戦車に乗れるということを聞いてわくわくで行ってきました。
知らない子どもたちに混じって私も並び、2回も乗せてもらいました。
一番驚いたのは大砲を(空砲というのか?)を撃ったときです。
撃った瞬間、周りの空気がぎゅっと寄って、時間がわずかに止まったような感じになるんです。
で、どどーんっとなる時に、大砲が後ろにのけぞる(?)感じになるんです。
あれは貴重な経験でした。
また戦車乗りたいな~。
そこらの子どもより一番興奮していたと思います。


旧ブログの商品も在庫がありましたらお受けできます。
https://newkanon.exblog.jp/


インスタ

facebook


ご覧いただけると幸いです。
お問合わせ・HPはこちら

あんてぃーくかのん。HP

# by antiquekanon | 2021-06-20 19:10 | **仕入れ商品 | Comments(0)

新入荷、染付の面取り。

新入荷、染付の面取り。_c0405112_17125213.jpg
市場ではどなたの出品かというのも結構大事です。
傷のチェックが甘い人かどうかとか
うまくやる人(これはあんまり言ってはいけないから黙っておく)かどうかとか。
19完品ということでビッシリ新聞で包んであったけれど
経験上このお方の場合はたぶん10個、最悪5個とれるかどうかだな~と思って買いました。
したらば
すごーい!
18個とれました。
チェックする人変わったんやろか。
他のも買えばよかったかな~
いやいや、んな感じで気が緩むとやられるから
しっかり頑張って参りましょう。

ほんまは裏の裏まで読まずに
ただただ欲しいものに手だけ上げていれば競り落とせます。
売値を考えなければ、手だけあげてれば良いの買えます。
それができない弱小店だから~
そこがなかなか大変です。

染付面取向付
口径最大約8センチ、高さ約6.5センチ。
ぐい呑みに良いなと思って買いましたが、伝票には向付となってました。
いろいろ使えます。
向きを変えて置くと雰囲気も変わります。
それにこれ、全部手描きです。
すごいですよね、書けませんわ。
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17135797.jpg
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17141350.jpg
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17142990.jpg
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17144648.jpg
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17150377.jpg
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17151389.jpg
梅香製と書かれていますが~
初見です。どこでしょう。
昭和初期くらいのものと推測。
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17152442.jpg
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17153861.jpg
半月盆に乗せるとこんな感じ。
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17161443.jpg
しっかりと重ねられるので料理屋さんとか見える棚でもスッキリします。
新入荷、染付の面取り。_c0405112_17170472.jpg



旧ブログの商品も在庫がありましたらお受けできます。
https://newkanon.exblog.jp/


インスタ

facebook


ご覧いただけると幸いです。
お問合わせ・HPはこちら

あんてぃーくかのん。HP

# by antiquekanon | 2021-06-19 17:26 | **やきもの | Comments(0)

お久しぶりの市場仕入れ、よもやま話

先月はなんちゃら宣言の延長で休会になった市場。
今日開催してくださるとのことで行って参りました。
とても良い古伊万里とか出るので、かれこれ20年近く行ってますが
いつまで経っても私の扱うレベルが変わらず
いつまで経っても買い切れずにいます。
できるだけ他のお店より安く売りたいので
仕入れもできるだけ安くしたい。
お!今日はあの人がいない、安く買えるのではっっ
そう思うのも束の間。
面白いことによく買う人がスーッといなくなっても
また必ず新しいよく買う人が出没するのです!!!
よって、いつまで経っても安く買えることは無い!のです。
市場あるある。
今日は結局、染付のぐいのみの山、古伊万里の豆皿ちょびっと、鉢か盃洗かなんかそんなん
だけの収穫でした。
嗚呼~
仕方ないです。またご紹介してゆきます。
お久しぶりの市場仕入れ、よもやま話_c0405112_18544655.jpg


旧ブログの商品も在庫がありましたらお受けできます。
https://newkanon.exblog.jp/


インスタ

facebook


ご覧いただけると幸いです。
お問合わせ・HPはこちら

あんてぃーくかのん。HP

# by antiquekanon | 2021-06-18 18:23 | **仕入れ雑記 | Comments(0)